LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

似合わなくなった黒色の克服法。

代表的な「似合わない色」は黒

多くの人が持っていて、でも多くの人がしっくりときていない色の一つが黒なのかなと思います。

とりあえずの黒がもたらす安心感・迷ったら黒…私もそうです。

汚れも目立ちにくいです。

強いて言えば、洗濯しすぎると色が褪せやすいので万能かと言えばそうでもないのですが、それは他の濃色でも言えることですよね。

 

似合わなくてもいいのかも

できれば似合っていたいと思いたい。

でも、似合わないのならば、これはもう「仕方ない」のです。

よって結論は、「しばらく遠ざかる」。

着ない選択肢もあるのですから。

ということで、克服するための案は、黒に変わる色を選ぶこと。

例えば、濃紺やチャコールグレーなどの濃い暗色。

黒よりも洗練されて見えるかなとも思いますし、黒に比べて硬い感じが少し和らぎます。

いきなり違う色にチャレンジするよりも簡単です。

 

つなぎアイテムの力を借りる

次の克服法は、顔の周りに自分の得意な色を持ってくること。

実際は黒(の服)を諦めることなんて、簡単にはできないですよね。

だから引き続き着るのですが、ポイントは黒そのままで着ないこと。

要は、黒が顔の近くにあるのが顔映りへの問題(暗くなる・くすむ)なのであって、間にクッションカラーやアイテムがあれば結構簡単に克服できると思います。

この時期だと、ストール・マフラー・スカーフの巻物がそのクッションカラー&アイテムにちょうどいいです。

できればそれらに自分の顔映りがよくなるような色や柄を。

前のブログに、「スカーフにモノトーン」ということを書きましたが、トップスが黒だったら、黒×黒で逆効果になることもあるので、この時は白の分量が多い方がいいかと思います。

あとは、黄色(茶・ゴールドっぽくみえる)などの明るい色が部分的に使われていると華やかなアクセントになります。

f:id:icelifestyle:20190215231003j:image

トップスのネックデザインも、Vかラウンドネックが良さそうです。

タートルは抜け感を出す役割の首を隠して顔により黒の色が近くので避けた方が無難でしょう。

でも寒いし…ということでしたら、やっぱりスカーフなどのアイテムをネックに持ってきて黒の存在感をできるだけなくすように。

あとは、白いシャツやカットソーをちらりと首元に見せることで、黒との間に緩衝材のような役割を果たしてくれます。

f:id:icelifestyle:20190215231036j:image

そう、レフ板効果です。

結構ピリリと効きますよ!

ついでに、白黒ボーダー柄も白の効果が期待できます。

f:id:icelifestyle:20190215231045j:image

 

簡単だったでしょう?(ってみんな知ってるよね)

ということで、実は克服法は簡単で、偉そうに私が語ることもないのです^_^;

でも、今ある服を大事に素敵に着ていたいですよね。

似合う服に買い替えるのはお金があれば簡単かもしれませんが、自分が選んだ服だから何とか活かせる方法を試して欲しいです。

あくまで理想はミニマルクローゼットですから、多くを持ちすぎないこと。

と自分に言い聞かせているのでした^_^