LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

例に漏れず、増税前の駆け込み買いをする。

キリがないけどやっぱりね

これからはずっとそうなのだから今買わんでも…と思っても、やっぱり気になるのか最近消耗品ストックををちょいちょい購入しています。

 

食べ物は軽減税率措置品なので買わずに済みますが、化粧品類など引き続き使うものはストックがあると助かります。

なお増税とはちょっと違いますが、無印良品はおそらく価格はそのままか逆に最近値下げしてくれたりとありがたいですが、良品週間が9月中にあれば導入液とコットンは買うのだろうと思います^_^

シャンプーは先日haruの3本セットを購入。

湯シャンの日もあるし、母と二人で使うにもこのストックで当面OK。

ボディソープはいつものマジックソープAmazonで買う予定。

ハウスキーピングアイテムは食器洗剤と、トイレ掃除用アルコール、キッチン用アルコール、お風呂の防カビくん煙剤を買い置き。

母が洗濯洗剤とトイレットペーパーをストックしているようなので私は買いません。

ティッシュなんかもストックがあればいいのでしょうが…収納場所は余っていますが、ちょっと買いに行くのが面倒になってきました^_^;

こういう必需品の場合、ときめき系でもないのでなんだか買うのが疲れますね。

 

経済を回す

少しでも安く…と思いますが、過去の経験を思い出すと少し複雑です。

百貨店勤務時代、5%→8%増税前の駆け込み需要がすごくて、増税後の売上の落ち込みがこれまたすごかったので売上対策が大変でした(やっても売れないですもの…)。

増税前&増税後を均せば売上は微増だったのですが、当時と今では社会の情勢も違います。

今回は増税後にポイント制などの施策があるなど、消費の落ち込みを少しでも防ごうという感じですよね。

また、無駄に買い溜めして使わなくなる場合もあるかもしれませんし、例えば化粧品も製造から3年が一つの消費期限とよく言われますが、自分が買った分が実は古い在庫で残りあと1年だったりしても嫌ですよね?

こういう時は、手持ちのアイテムを見直すチャンスなのかもしれません。

必需品というのはどこまでを指すのか?なくてもいいならもう買わないとか。

もしやめてみてやっぱり必要なら買うことにはなるかと思いますが^_^;

企業も増税への対応を必死に考えていると思いますし、価格据え置きならおそらく内容量は減るとかの実質値上げも仕方ないですものね。

経済はみんなで回さないと回らなくなるので、気持ちは複雑になりますがうまく増税と付き合わざるを得ないです。

これからはより要不要の見極め力が必要になるのだなぁ…と散財グセのある自分を戒め、さらに精進せねばと言いつつ、買い忘れはないかな?とチェックを入れる日はしばらく続きそうです…。

 

では話を元に戻しまして、買ったアイテムの続きです。

メイクアイテムは夏に大阪・梅田に出たついでにADDICTIONのファンデーション・パウダー・チークなどを購入済みです。

クレンジングオイルは、アテニアのお得2本セットと500円OFFクーポンがあったのでこの機会に買いました。

f:id:icelifestyle:20190912223209j:image

余談ですが、クレンジングオイルは無印を使っていますが、前に使っていたアテニアのものがかなり優秀(個人の感想)なので、今回チョイス。黄色の定番はもちろん、ピンクの方は限定バージョンのローズの香りでそれが良かったんですよ。

おそらく無印&アテニアのローテーションが今後も続くことでしょう…。

ファッションはウールのセーターをネットの予約販売で注文→8月早々に到着済みで、それ以外のアイテムは様子見かな。

そんな中、気が早いですが家で秋冬モノチェックの一環で手持ちのブーツを試着したところ、ロングブーツのファスナーが上がらないことが判明(ガーン!)。

 ↓前にブーツについて書いた記事の登場したロングブーツですorz

www.icelifestyle.site

正確に言うと、ストッキングを穿けばふくらはぎの肉が上に持ち上がるので、それで何とかファスナーが上がってブーツが履けたのですが…。

私は下半身に肉が元々付いていて、さらに加齢効果も合わさってより下半身に重心が置かれている感じの体型です。

これでは、パンツをブーツインして合わせることが今年は出来ないかもしれません。

ここで選択肢は2つ。

①ロングブーツを履くことを諦める

②下半身を絞る

うーん、②は正直ハードルが高いです。

ホットヨガを週2~3回やっていて昔に比べれば体は動かしていますが、通勤含めて歩く距離が短すぎてカロリーが消費できていません。

食べる量は減っているのですが、代謝はどんどん悪くなっているのか痩せにくいのです。

よって「いつか痩せたら…」的なことを夢見るのは、過去の類似例からしてもかなり難易度が高い話です。

では①?うーん、履けなくはないのですから、ムリに処分することもないと思います。

しかしながら、ふと思うのです。

ロングブーツは大好きなのに、履く場面が少なすぎる…昨年も数えるほどしか履いていないし、スカートも処分してますますコーディネート発揮の場が減っているのです。

まだロングスカートにトライする気持ちが湧いていないし、もしそうなってもミドル丈のバイカーブーツ(これはノンファスナーで筒回りが太い)でも十分対応ができるかも。

うーん、やっぱりロングブーツ不要説がグーンと上昇か…。

 

で、やっちまった^_^;

私の悪い癖で「要らない」なんて豪語してすぐに「やっぱり要るから」と何食わぬ顔で買っているパターンが今回も発動^_^;

ここから言い訳も入りますが、そもそも冬の靴に求める要素には「防寒」があります。

手持ちのバレエシューズやヒールパンプスだと、足の甲の露出が多くて正直寒い。

薄いソックスやタイツで合わす手もありますが、個人の感想としては何だかしっくりこないのです。

今年はもう既にローファーと冬に厚手のソックスと合わせるサンダルを買っていますが…。

f:id:icelifestyle:20190912223042j:image

f:id:icelifestyle:20190912223050j:image

「キレイ目に履く冬の靴が欲しい」ということで、買いました。

本当に久々の、女性っぽいヒールのショートブーツです。

アーモンドトゥ&後ろから見たときのかかとのカーブ感が好きです。

パンプスの感覚で履けて防寒要素のあるものは長らく持っていませんでした。←はい、これも言い訳ですが

いつもの「買うのは自分で稼いだお金だからいいでしょ」的な性格ゆえの行動なのですが、実際ショートブーツって着脱がしやすいのは言うまでもありません。

実はずっと前にサイドゴアのブーツでメンズっぽいものを探していて試着もしたのですが、なんだかごつい感じがしてやめたのです。

その時はヒールタイプは想定していなかったのですが、その後別のコーディネート事例をいろいろ見て、ショートブーツのヒールタイプのものはバランスもとりやすいからアリだなと思っていました。

だから今が買い時かも…増税前だもの。←^_^;

 

さすがにここしばらくの暑さではまだ履けませんが、10月ぐらいからはお出かけ用ローテーションに加えていこうと思います。百貨店勤務時代ならもう履いていること間違いなしなのですが(笑)

ファッションを先取りせねば!という気持ちはかなり薄れて来ておりますが、こういう女性っぽいアイテムのお買い物は素直にテンションが上がりますね。

低めでもピンピールタイプなので、たくさん歩く日は足が痛くなるのが目に見えるのでやめようと思います(禁断の手としてバレエシューズを忍ばせて履き替えるという手も)が、こういう靴を履いて美術館や映画を観に行きたいと思いますね。

ふと「素敵な靴は、あなたを素敵な場所へ連れて行ってくれる」というヨーロッパの言い伝えを思い出しましたが、面倒くさいなという気持ちを払しょくさせる力をファッションアイテムは持つものだなぁ(その逆も然り)と思ったり。

 

あれれ、靴が増えてしまった…ロングブーツの処遇はシーズンインして履いてみてから最終判断を下します。

ついでにまた不用品を買取査定に出そうかな、と考える今日この頃です。