LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザーⓇ 1級取得。

年賀状を送るより、会いに行く。

今年の年賀状の結果

年賀状は、来た中から年賀はがきで返すか(10名限定)、年賀メールとして返事をするかを元旦に決める…というのが今年のチャレンジ(ってオーバーですが^_^;)。

イラストは無料素材で探してブラザーのものを使いました。

こういうサイトも探し出すとキリがないので、来年もここから選ぼうかな。

本当はカッコいい系デザインが好きだけど、年賀状ってどこがユルい感じの方が「ぽい」のでしょうかね…。

とはいえ、ロゴとかテーストにはさりげなくトレンドも取り入れている感じもするのです( ´∀`) 

f:id:icelifestyle:20200110133510j:plain

online.brother.co.jp

 

結果、年賀状は20枚程来ました( DMぽいものも数枚あったけれど)。

「これで年賀状はやめます」的なメッセージを送った友人(年賀状だけつながりだった)からはもう来なくなったけれど、去年とあまり変わらない感じかも…。

返信はメールがはがきにするかを元日に振り分けて行動に移しましたが、はがきで送るメンバーの計算を誤ってしまい、急遽家にあった使えそうなポストカードを年賀状代わりにしました。あるある言いたい〜♪三ヶ日過ぎてから届いた分を忘れがち^_^;

f:id:icelifestyle:20200110210357p:plain

 

しかし、このご時世でメールアドレス等がわからない時点で、普段のお付き合いがないという証明でもあるのですが…。ま、目上の人にメールはやっぱりメールはちょっとと思ったり汗

もちろん、会いたくても何だか会えない状況になることは大人にはよくあるケースです。

そんなケースを除くと、ずっと会っていないのに年賀状だけで繋がるのも既に限界なのかな…とも思いました。お店からの年賀状ってDMの一種なので本当は不要だけど…返事は出さない前提だからまあいいか。

 

年賀状が背中を押してくれることもある

さて、前の職場の後輩からも年賀状が来ていました。

彼女たちとは、いろいろと厳しい荒波も乗り越えて来たこともあって、会いたいけれど私は仕事を辞めて(しかもブツっと切れたように辞めた)、彼女たちとあるのがどこか怖くて…心配はしてくれたのですが、忙しい毎日を送っているのが目に見えるので、一歩が踏み出せませんでした。

 

でも、年賀状に書かれていたコメントを読んで、今年は勇気を持って自分から会おう、そして「会いたいです」ではなく具体的に日にちを決めるレベルで返事しようと思って、メールで年賀メッセージを送りました。

百貨店は2日から初売りなので、元日は束の間の休日ですから、返事はゆっくりで良いからねという感じでまとめました。

すると初売りの忙しいはずの2日に、そのうちの一人から返事があり、もう一人の後輩がセッティングするとのこと。

私は…心の中で泣きました。

年賀はがきの形ではないけれど、こういうタイミングで旧友や知人と繋がるのもありなのかな、と。

 

他にも会いたい人にはメールで会う前提のメッセージを送りまして、何組か春までに会う段取りになりました。

そして、メールアドレスがわからない私の職場の先輩(新入社員の時のリーダーさんだった)にも、思い切って「今年会いませんか」と、自分のメールアドレスを書いて返事しました。

その先輩に私はいろいろと業務を教わったのですが人間的にも素敵な方で、この人だったから自分は結構会社で頑張れたのかも、と思うのです。

妊娠をきっかけに退職されて以来20年以上会っていないのに、毎年年賀状をくださるのですが、会いたいと思いつつ自分も忙しいかったからという理由で会わないままの現在です。

でも、なんだかここで会っておかないといけないと自分は思ったのです。

ちゃんと感謝の気持ちを伝えていないように思うし、私の今までの話もちょっと聞いてもらいたいし、先輩の話も聞きたい。

ここは向こうが会いたくなければ成立しないのですが…もし会えたらいいなぁ。

 

なお、喪中のお知らせを頂戴した人には、松の内が終わったので寒中お見舞いで対応しました。

遠方に住んでいる友人たちには、年賀状と同じく「タイミングが合えば今年会おう」というメッセージを付けました。

それぞれ数人の子育て真っ盛りなので、いつになったら落ち着いて会えるのかは?ですが、これからは折を見てメッセージを送ることで、年賀状だけのつながりという形にしないようにと思いました。 

最近は年齢もあるけど、思うだけより行動が大事なように感じることがちょいちょいあって。

 

直接関係ないですが「出来ないからやりたくない」と思っていたことが、やれば意外と出来たり、また出来なくてもチャレンジしたという事実は残ります。

そういえば数年程前から「ボルダリングをやりたい」と思っていてやらず仕舞いでしたが、昨年高校の同窓会で久々にあった友人と思い立ったがなんとやらで出掛けて体験して…全治5日ぐらいの筋肉痛になったけど楽しかった〜!

だから、なんでもとは言わないけれど、やれるならやればいいし、会いたければ自分で具体的に会う約束をする(ちょっとずうずうしくとも^_^;)、シンプルでいいじゃないか^_^

 

さあ、今年も多くの再会をしよう^_^