LIVE MY LIFE BE FREE!

自分にとっての心地よい暮らしのあれやこれやを綴ります。

2022年買って良かったBEST10。

LIVE MY LIFE BE FREE! - にほんブログ村

買った物をテーマに振り返ろう

明日は大晦日で、もう来年が来るのか!という気持ちです。

年を重ねると1日1日が早く過ぎるものですね。

子供の頃は1日が長かった気がするのですが、一説によると子供時代というのは経験値がないことによるドキドキワクワク感も手伝ってそう感じるらしいです。

ま、大人もドキドキワクワク体験は意外とあるものですけれどね♪(´ε` )

と関係のない話から入ってしまいましたが、今年も何だかんだで買い物を結構していたな(笑)。

ということで、ランキングではないのですが、買って良かったなというモノたちを挙げてみました。

自分が購入したモノなんがどうでも良いか、と思いつつ、今年の足跡を買ったモノたちで振り返るというのは後々役立つかも?なんて思ったり。

ではスタート٩( ᐛ )و!

 

①ベッドサイドのお供「パンテラポータブル」

必然性のない買い物の部類に入るけど、存在が心の潤いに貢献してくれているアイテムです。

使うのは寝る前のちょっとだけの時間ですが、何となくほっこりします。

コードレスなのでランタンの様に持ち歩いて使うことも可能ですが、私はベッドサイドに置きっ放しです。www.icelifestyle.site

 

②プロ仕様のヘアドライヤー「マグネット ヘアプロ ドライヤーゼロ」

ヘアサロンでヘアドライしてもらった際、その風量に感動を覚えたことでネットでポチりました。

このドライヤーだと熱設定も細かいのでダメージヘアでも安心感が。

使い慣れるとスイッチ操作も容易ですよ。

www.icelifestyle.site

 

③黒い服たち

アイテムごとにカウントすると数が多いので(笑)、色でグルーピングして1単位にしました。

秋冬用に追加したニット3枚、その前の春にはレザージャケット&ブラウス&デニム、プラス買い替えたカーディガンやカットソー等が黒・黒・黒…。

数年前は顔映りが悪くなって避けていたこともありましたが、やっぱり黒ファッションが好き。

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

 

④即効性はないけど効いている(気がする)「TAKAMIスキンピール」

年齢由来の肌の弛みによる毛穴の開きは止められないんですが、夜のスキンケア時こちらを使うことで、徐々に肌に効果(毛穴に対して)が出てきた気がします。

私の場合エイジングサインがシワタイプではなく弛みタイプであると日々実感しているので、今後はフェイスラインケアにも注目してみようかな?

www.icelifestyle.site

 

⑤毎日何度も使う電気ケトル「わく子」

最近はガスを出来るだけ使わないようにしています。

特に頻繁に温かいものを飲みたいこの時期、お湯がすぐ沸く電気ケトルはありがたいです。

サイズはこれより小さめでも良かったかも?と思いますが、この色のが欲しかったということもあり、また湯たんぽにお湯を入れる際は容量的にもベターでした。

www.icelifestyle.site

⑥結構使用頻度の高いアイテム「ダンボールカッター」

カッターナイフは持っていましたが、梱包開封専用としてのこれは優秀だと思います。

この刃を宛名シールの端に引っ掛けてめくると、ラベルが楽に剥がせるのも便利。

マグネットタイプなので、我が家では冷蔵庫にペタッと貼ってスタンバイ。

www.icelifestyle.site

⑦もっと早くから使えば良かった?!「掃除機スタンド」

物は増やしたくないけれど、あると便利だなと思うモノはちょいちょいあります(笑)。

これはもっと早くに買っておいてもよかったかも、と思う一品です。

もう掃除機は立てて収納がデフォなのかなと思うので、おしゃれな掃除機スタンドがもっと増えても良さそうな気もしますね。

www.icelifestyle.site

⑧使ってなんぼの美術品「エルメスのスカーフ」

スカーフって巻いた時にその色や柄がどう出るのかも選ぶ際のポイントになりますが、エルメスのスカーフは広げた時の存在感が他のスカーフに変え難いものがあるなと久々に感じました。

ま、宮本浩次さんの影響でこの柄を選んだ説が有力なんですが(笑)。

www.icelifestyle.site

⑨スリッパに代わる室内履きとして優秀「ビーチサンダル」

過去にもやっていたビーサン室内履きですが、改めて夏快適だ!と実感しました。

なお、現在(2022年冬)の室内履きはビルケンのEVA素材の黒サンダル。

f:id:icelifestyle:20221230140051j:image

靴下を履く時期ということもあり、鼻緒タイプだと対応できないのでチェンジしましたが、お風呂上がりに素足で履いてもヒヤッとしないのも密かにお気に入り。

www.icelifestyle.site

⑩NO LIFE,NO OSHI「ファングッズ」

そしてラストは…今年購入した推しのファングッズたち。

基本、好きなアーティストであってもグッズは買わないタイプだったんですが、価値観が変わることってあるんですね。

もちろん闇雲に買うことはしませんが、実際に生活で使うモノもありますし、こっそり愛でるモノも増えました(笑)。

ちょうど時期的に来年(2023年)のカレンダーが家に続々と到着したタイミングでして。

↓とうとう小田和正さんとエレファントカシマシのカレンダーまで購入してしまった(笑)宮本さんソロカレンダーは2022年に引き続き購入。

f:id:icelifestyle:20221230123124j:image

 

経験を購入することが多かった2022年

今年はいつになくたくさんのライブに行きました。

宮本浩次さん 9回(うち1回は配信ライブ)

小田和正さん 3回(例年になくチケット入手が厳しかったです)

・レキシさん  1回(念願叶って参戦。2回目は悪天候で中止に>_<)

松田聖子さん 1回(初ライブ参戦、行って良かった)

そしていわゆる「ライブ遠征」もしたので、交通費や宿泊費、現地での観光や飲食等にもお金を使いましたが、散財とは思っていません。

時間と経験を購入しているという感覚ですよね、これらはまさしく非日常ですから。

タチが悪いのは満足したはずなのに、またすぐ欲しくなる中毒性があるということですかね(笑)。

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

音楽を聞くだけなら、CDやマスメディア、ネット経由で事足りるのですが、ライブはやっぱり違うんだ!と再認識しました。

同じアーティストの公演でも、公演場所が変わる&アーティスト自身ののコンディションが変わる等で、結果こちらの受け取り方までも変わります。

現場だとゾッと鳥肌が立ったり、時には笑ったり泣いちゃったりとか、そこに周りの観客のリアクションも加わることで、さらにライブのスペシャル感が増すように思います。

アーティストの生き様までも感じさせるライブ、自分の日常の刺激になりますね。

まだまだ自分もやらなきゃならないことがあるような気持ちになったり、次の公演まではなんとしてでも生きていようとか(笑)。

 

さて、2022年もいろいろなことがそれなりにありましたが、なんとか無事に過ごせて良かったです。

新しいご縁や、ここ数年でのトライアルが身を結んだこともありましたし、そして何かしらの知的好奇心が芽生えているこのタイミングで、また来年に向けて頑張ろう!と思うことも出てきました。

そういう向上心的なものを気づかせてくれたのが推したちの存在だった、ということで2023年もライブに出来るだけ参戦したいと思います٩( ᐛ )و!