LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザーⓇ 1級取得。

2021年春夏の私的ボーダーTシャツ事情。

ボーダーは永遠の定番!だけど…

物心がついた頃から着ているボーダーTシャツ。

そのほとんどはセントジェームスのもので、かれこれ30年以上のお付き合いです。

何度かブログでも書いていますが、いろいろなメーカーのものがあれど、ここに戻って来るのですよね。

もうこれは好みの問題だと思います(*´꒳`*)

 ↓初めて書いたボーダー愛記事

www.icelifestyle.site

↓まだぶくぶく太る前ですね。懐かしい気がします笑

www.icelifestyle.site

 

でも、2019-2020年秋冬辺りから太ったこともありますが、ボーダーの選び方に変化が見られ始めます。

↓今まで着ていたタイプだとしっくりこないという、デニムと同じような状況が

www.icelifestyle.site

↓昨年夏はボーダーとロゴTシャツ祭りでした

www.icelifestyle.site

 

そして、今年の春夏もボーダーには引き続き頑張ってもらう予定。

ですがブログ開始頃に持っていたボーダーは、サイズが合わなくなったためほとんどを手放しました。

そして所有枚数もさらに絞り込みしようという過渡期です。

 

今年のスタメン!(半袖除く)

まずはセントジェームス1番の定番ウエッソンから。

写真上は冬に衝動ポチした黒×ダークグレーのサイズ1。

グレーの色がやや茶色が混じった感じで、バキバキのモノトーンではないことが決め手で選びましたが、実際によく着ていていい選択が出来たと自負。

真ん中の生成り×紺はサイズ0ですが、個体差のせいかサイズ1と変わらないので残しました。

ニュートラルに戻したい時のど定番配色としては最高ですが、ま、普通ですよね^_^;

そして下は昨シーズンに仲間入りしたベージュ×白のサイズ1。

今のマイブームカラーが引き続きベージュということで、暖かくなってきた3月からちょいちょい着ています。

f:id:icelifestyle:20210410123217j:image

そして、ウエッソンで唯一のサイズ3である黒×生成りも引き続き着ています。

今流行のビッグシルエットスタイリング対応ですが、私が着るともっさりしているのが悲しい( ´Д`)

だからウエッソンではサイズ3を買い足すことはしばらくはないかな、というのが今の気持ちです。
f:id:icelifestyle:20210410123214j:image

なお、参考用に…サイズ1とサイズ3の違いはこんな感じです↓

人によって、どのサイズがこなれて見えるのか?は違うと思いますので、本当は店頭で試着したいですよね(同じ色でサイズ違いとか)。

f:id:icelifestyle:20210410123327j:image

 

さて、続いて大好きなナヴァル。

今まで持っていたものはサイズ0で、こちらはウエッソンよりもシルエットにゆとりもり生地も薄手で重宝していましたが、だんだんフィット感が出てきてしまいました(泣)。

そこで昨年の夏、試しに長袖のネイビーと7分袖の黒のサイズ3で購入し、元々あったサイズ0と並行して着用した結果、大きめの方が今の自分に着やすいという結論に至りました。夏はやや大きめで着る方が風通しも良いのです

写真では右が長袖、左が7分袖。

なお個人的感想ですが、私はトップスは袖をまくって着る癖があって、長袖だと必然的にまくっています。

だから7分袖の方(私だと8分袖のような感じになりますが^_^;)が自分には向いていると確信しました。

なお、ボーダーの色選びですが、ナヴァルに関しては紺(セントジェームスではマリンと呼ぶ)と黒、ぱっと見は色の違いがわからない(個人の感想)ので、黒のボトムスやアウターを合わすなら黒、別にこだわりなく幅広くコーディネートするなら紺(もちろん黒のボトムス&アウターでも違和感なし)、という選び方でいいように思いました。

春夏に着るなら、一般的には紺の方を選ぶのがいいのかな…?

あ、ナヴァル自体は青(コバルトブルー)のボーダーと、地の色が紺でボーダーが白のタイプもあるので、もっと夏な感じのボーダー着こなしをしたいならこれらもこうほになるのではないでしょうか?

ナヴァル 99JC162/1:セントジェームス

ナヴァル七分袖 01JC1239/1:セントジェームス

f:id:icelifestyle:20210410123313j:image

サイズ3の、長袖と7分袖との比較です。

個体差もあるのですが、7分袖の方が二の腕辺りからタイトですね。
f:id:icelifestyle:20210410123309j:image

 

究極の1枚を選ぶにはまだまだ

ということで、私的2021年春夏のボーダー事情でした。

枚数も6枚まで減りました…が、本音で言うともっと減らしたいです。

ボーダーがたくさん並んでいるクローゼットはなかなか楽しいのですが、いざ着るとなるとその時のお気に入りに偏るので、その時のマイブームカラーばかりに手が伸びたりするのですよね。

でも、そういうのもいつかは飽きてしまうので、やっぱり定番カラーに戻るの繰り返し。

そしてセントジェームスは丈夫なので、布地劣化で着られなくなったという経験は意外となく、大抵は色が原因(褪せた・飽きた)で手放してきましたが、この流れをいつかは緩めたいのですよね。

そうなると、自分にとっての究極の1枚と言えるボーダーをそろそろ決めてみたいのです。

多分おばあちゃんになってもボーダーは着ていたいから、その時に一番似合うサイズと色を1枚と決めておきたい欲求があります。

今よりも老いた顔や肌には、ボーダーの色は黒や紺より赤とか明るい青の方が合うかもしれないし、サイズ3ぐらいのものを袖をぎゅーっとまくって着るのがいい感じなのかもしれません。

↓河邉サチコさんの着こなしが結構憧れます。これを見ると定番ボーダーカラー最強!と思ってしまいます(*´꒳`*) 画像はお借りしました

HAPPY AGEING これからの私に合うおしゃれ | 川邉 サチコ, 川邉 ちがや |本 | 通販 | Amazon

歳を取ることは、30代・40代になった頃に比べると今はそこまで怖いとも思わなくなりましたが、やっぱり未知の世界。

先達が素敵だとちょっと安心して歳を取れるような気もするのですよね。

見た目だけでなく中身も当然磨かないといけませんが^_^;