LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

クローゼットのアイテムは、コーディネートだけでなくランニングコスト面も考える。

基本、私のクローゼットは「お気に入り」と呼ばれるアイテムで構成されています。

自分の基準で選び抜いたアイテムたちは、大事にしていきたいのでお手入れにもそれなりの気遣いをします。

自宅で洗えるものはさておき、デリケートな素材やコートなどの重衣料はプロに任せた方が安心ですよね。

過去に、シーズンが終わればたくさんのスーツやコート類・ストールなどの自分で洗えないものはもっぱらクリーニングに出していましたし、アイテムが減った今でもそうです。

その過去の話ですが、購入時に値が張ったベージュのトレンチコートを、高級クリーニングに2回出したことがありました。

コストをかけてでも大事に長く着たい、という思いがあったのです。

そのクリーニング法は、確かベルトなどのパーツを取り外して、素材ごとに洗いを変えて、その後外したパーツを縫い戻して…という非常に手の込んだ内容だったと記憶しています。

よってクリーニング代も数万円…今だったら絶対しないのですが、当時は何故か太っ腹だったのでした。

もちろん仕上がりは美しく、人件費もかかっているのだから相当のコストと思いました。

でも、2度目以降そのクリーニングは利用しませんでした。

理由は簡単、それでもアイテムは劣化するからです。

どんなにクリーニング技術が高くても「現状維持が精一杯」、なんですよね。

2回目のクリーニングの際、袖上げ処理も一緒にしてもらましたが、この行為を何度繰り返すのか…とふと思ったのです。

それならばそれなりの年数を着て、生地がへたれば買い直しすればよいのでは?また、そもそもトレンチコートをいつまで私は着こなせるのか?と自問自答。

服の鮮度以前に、自分の方がついていけなくなっているかもしれませんし。

さて、そのトレンチコートは普通のクリーニングに出しています。

生地感もそれなりにクッタリしてきました。

あと数シーズン着ればおそらくリタイア…でも、その事実を受け入れればいいのです。

そもそもドレスコートではないのがトレンチコートです。

f:id:icelifestyle:20181031072537j:image

 

そうそう、ニット類もシーズン終わりにたくさんの枚数をクリーニング屋に持って行くのも大変でした。

今では、家で洗えるメリノウールがデイリーニットとしては最強、と思っています。

お気に入りはユニクロで、丈夫で割と持ちもよいです。

f:id:icelifestyle:20181031071609j:image

大好きアイテムの大判ストールは全盛期大量に持っていましたが、今はなんとか減らして9枚に。

これでもまだ数は多いのでしょうが、クリーニングコストもその分節約できるようになりました。

f:id:icelifestyle:20181031072615j:image

 

今までコーディネートの観点でクローゼットのアイテム構成を考えていましたが、併せてランニングコスト面も加味しないといけないですね。

クリーニングしてでも残したいのか、手軽なお手入れでいけるのか、そして今の自分にフィットしているのか。

やはり「必要以上に持たない」方がメリットがありそうですね。