LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

リアル店舗より押しが強い、メルマガ攻撃。

ダイレクトメール(DM)は欲しい?不要?

ãã¡ã«ã㬠ç»å ç¡æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

↑イメージ画像はお借りしました

買い物をすれば、状況によって顧客名簿的なものを書かされることはあるあるです。

企業は顧客の個人情報を欲しがっているものです。

私も過去の会社ではそうでした。

買ってくださった方に何度も来店して(そして買って)欲しいからです。

そして、大抵のお客様は抵抗なく記入をしてくださったものです。

今では切手代がかかるDMよりも、メール送付の方が情報収拾の項目が不可欠で、私もゴミになりがちなDMよりもメールの方がいいかな…と思ってアドレスを記入しています。

メールが来ることを容認していますが、意外と店頭で収拾された場合メールが来ることはあまりないように感じます。

しかし、ネットで買い物をするときは…気をつけないと面倒なことがあります。

 

ネットサイト買い物時、見過ごしてしまうこと

ネットサイトで買い物をすると当然ですがメールアドレスを入力しますし、このアドレスがマイページのログインIDになったりすることは結構多いです。

ここまでは別にいいのですが、うっかりするとコソッと「ご案内メールを受け取る」とか「お気に入りブランドのメルマガを購読する」などのチェック項目を見落としてポチッと買い物を終えてしまうのです。

企業の狙いで、これらのチェック項目は最初からチェック印が入っていることが多く、外さないとその後販促メール攻撃に遭うことになります。

私も、最初はまあまあ目を通すのですが、毎日のように販促メールが来るとだんだん読むのが鬱陶しくなり、結果未読で削除していることが多いです。

でもタイトルなどが魅力的なものも実際あるので、開封して「あ、乗ってしまった」と後悔することも。

メール攻撃にうんざりして「メール配信停止登録をこちらから」をクリックしてメール配信停止ページに飛ぶこともありますが、いちいちIDやパスワードを覚えていないので、その確認をする手間も発生しますし、わからなかったら…仕方ない。

この場合はメールが来るたび即削除のアクションを繰り返しますが、なんだか不毛です。

何故、あのときにチェック項目を見落としたのか!と自分にムカつくし、一方で売り手側の涙ぐましいメールの熱意を感じるのです。

 

前の会社で、少しの間ネットサイト業務に携わったことがあります。

メルマガ配信もその中に含まれていました。

配信内容のヒアリング、エントリー、記事選定、記事作成・画像等素材集め、出来上がったページを社内校正(場合によっては取引先も)、サイト制作会社とも校正をやりとりし、メール配信セットを行ってもらう作業ですが、結構時間がかかります。

内容に不備があると、配信後に訂正メールを送らないといけないことも時に発生しますし、何よりメルマガ制作費もバカにはなりません。

そんなに手間がかかっているメール配信が、即削除される事実も悲しいのです。

いや、これは仕方ないのですが…でも、逆の立場だとスパムメールか!と思うほど毎日メールが来ますからね。

これをやりすぎると、企業への好感度も下がってきたりするので、送り手・受取手双方に由々しき問題です。

 

自分の情報を出すときはやっぱり細心の注意を払うべし

うっかりお気に入りブランド登録をして販促メール攻撃に遭ったりするだけでなく、最近多いポイントキャンペーンの乱立にも惑わされます。

この類のキャンペーンにエントリーすると、大敵メルマガ受信が付いてくる感じもします。

私はドコモユーザーなので、dポイント関連のメールがあらゆる角度で攻められます。

Amazonで買い物をする時にはポイントアップされるとかの有益なエントリー告知もありますが、それを除くと要らない情報が多くうんざりしている今日この頃です。

ミニマルライフを送る上で、こういう不要な情報や無用に買い物を誘発するものをできるだけ排除しないことには情報に負けてしまうのです(誘惑に弱いので、基本)。

と、まとまらない話を書きましたが、時には「ラッキー、メールくれてありがとう!」ということもあるのでなかなか厄介な存在のメール配信。

どうしても一方的な発信になってしまうのを逆手に、「売れ筋ランキング」や関連する情報の読み物などの心惹かれる内容でどんどん攻略してきます。

私もそれでお得な買い物もできたこともあるので絶対悪とは言えないですが、状況によっては浪費につながりかねないので個人情報登録時やお買い物決済時はチェック項目に気をつけましょうね。

 特に「お得情報を配信します」とあると、損したくないという気にさせられてメール配信希望にチェックを入れがちですが、そもそも必要になった時に自分から情報をキャッチしに行く方がいいような。

急ぎでなければ多少待つことはやぶさかでないし、どうしても急ぐときは割増料金だったりするのが本来は常、それなりのコストもかかることは仕方ないのかも。

そもそも有益な情報が欲しくない場合は、「初めのうちに断つ」のが一番です^_^