LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

コスメの管理、簡単だったのにやっていなかったこと。

使い切ることに燃える

昔は化粧品を使っている途中で飽きてしまったり、仕事柄サンプルなどを試す機会も多かったので、色々なメーカーのものを使っていました。

あくまで個人の感想ですが、医薬品と違って化粧品は肌を治癒するものではないので、大きい期待を抱くのは避けています。

もちろん、肌にあった化粧品を使った結果、お肌の状況が改善される事例もあると思います。

ただ私の場合、手をかけるより放置するぐらいの方が肌の耐久力がつくような気もしています。

ここしばらく使っているスキンケアアイテムは主に無印良品のもの。

すぐ手に入るし、私にとってコスパがいいものが多いように感じています。

メイクアイテムではアイブロウペンシルとリップを使っていますが、他のアイテムも評判がいいですよね…将来的にはカラーものを揃えるものありかなと思っています。

 

で、スキンケアに話を戻しまして…クレンジングオイルも何本もリピートして(途中違うブランドも差し込むのですが必ず戻ってくる)、この春夏は朝洗顔の過程を飛ばして拭き取り化粧水として導入化粧液もリピ。

↓使い心地がよかったので継続使用を決めて、ストックは大きいサイズの方を選びました。

www.muji.net

導入化粧液は使用感が気に入ったので、この秋冬も朝洗顔は飛ばして拭き取りを継続します。

そのあとに使うスキンケアアイテムはオールインワンタイプにすることでミニマルに済ませています。

以前、定期購入でアンダーノイルのジェル(1本で約1ヶ月分)を使っていましたが、コストが高めなのが難で、あるタイミングで定期購入をストップしたのですが、4本ストックが残っています。

このジェルは秋冬で使い終わろうと思い、この夏は実験的に無印のエイジングケアラインのジェルを使っておりまして、とても気に入りました。

www.muji.net

このジェルの香りも好きです^_^朝晩のケアはこの2本で完了。無印のケースにその日使うコットンと目薬を一緒に入れて洗面所のミラーボックス裏収納スペースに納めています。

www.muji.net

f:id:icelifestyle:20191016140828j:image

無印のスキンケアはパッケージのシンプルさもいいですが中身の減り具合もわかるので、使い切るまでのタイミングが計りやすいですよね。

 

慌てなくてもいいように、ストックする

無印のアイテムは割といつでも買えるから余計な在庫は持たないように…と言いつつも、良品週間や期間限定価格でお求めやすい時にはストック買いをしています^_-;

でも、良品週間は意外としょっちゅう開催してますよね。次は翌年春までないと勘違いして導入化粧液買い込んだ〜^_^;

現在、スキンケアのストックはこんな感じ。クレンジングオイルはアテニアのを今回はチョイス。これもなかなかいいのです^_^

f:id:icelifestyle:20191016140400j:image

なお夜の洗顔はお風呂でマジックソープか、以前から使っている無印の洗顔泡フォーム(これはなくなったら補充しない予定)です。

ま、これだけあれば来春まで補充は不要ですね^_^;

家にはモノを置く場所は十分ありますが、管理という点では多く持ち過ぎるのもどうかなと思うのです。

で、適正なストック量を考えるにあたり、意外とやっていなかったことを今年の夏からやっと実行しています。

それは…「使用開始の日付を、その本体に記入する」です(ドンッ)!

f:id:icelifestyle:20191016140420j:image

これって「昔ファンケルのスキンケアを使う時に日付けシールを貼って使い切る期限を把握してたわ!」という記憶からそうしたのですが、シールを貼ってまで…が面倒なので直接マジックで書くところが私流です。

既にこういうことをされている方も多いと思いますが、これをやり始めてやっと使い切るサイクルがわかるようになりました。

と言っても「次の購入はいつ」とかを決めて管理するまでには至らないですが、年間にどれだけ購入するのかの目処はつきます。

 

自分に本当に必要なものだけ持ちましょう

化粧品はこだわり出すと色々使いたくなるものです^_^-☆

私も化粧品には夢があるって思っていた時期もありますし、定番や評判の良いもの・新製品の情報を見聞きするのは今でも好きです。

でも、肌自体がそれらのアイテムを使われることを望んでいるかは別です。

過剰にケアをして肌トラブルになったり、精神的な悩み事があるときは心だけでなく肌にも不調なシグナルが出ます。

肌は一番外側にある臓器と言われますが、何よりも出来るだけストレスに晒されない環境に置いてあげて、肌が持つ排泄や治癒能力を高めてあげることがいいのかなと個人的に思います。

また、シミ・シワ・たるみなどはないに越したことはないけれど、年相応の老化現象が無いのも割と怖いような気もするのです。

 

もちろん、コスメの世界は技術進歩が凄いので、おおっと思うモノもたくさんあります(たまに薬事法に触れている表現もありますしね^_^;)。

だから、使うことに別に異議も唱えません。

こういうのもそれぞれ使う人の自由で自己責任、と思います。

 

ところで、化粧品は、念を入れて使うとその効果が発揮される…と聞いたこともあります。

もしかすると信じることでリラックス効果も出て、結果効いている実感も湧きやすいのかもしれません。

私はこういうのも結構大事と思っています。

化粧品を使って自分が幸福感を感じられるように、化粧品に振り回されないように健やかな日々を過ごせたらいいですよね^_^ということでこの話は終わります…。