LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザー1級取得。

体型が変わると手持ちの服の数が減る。

初めて手持ちの服が約60着になりました。←インナーや部屋着的なモノを除きます

ミニマリストの平均からすればまだまだ多過ぎ、しかし私にとっては自己最高…いや自己最低数です。

当たり前ですが、手持ちの服が少ないとその稼働率も断然上がるので、デッドストック化しないワードローブに近づくことは嬉しいです^_^

 

「いつかまた着られるかも…」は大抵「ない」

品質は問題ないのに自分の体が横に大きくなって着ることができない…ほんともったいないけれど、痩せることはこれまた可能性がとても低いです。

だから「痩せるまでの一時しのぎ服を買う」などという甘い考えは捨てないといけません。

かといって「ワードローブ総入れ替え!」などと無用に買い過ぎないように、こういった機会に「服の自分適正量」を把握した方が良いと思いました。

自分適正量は人それぞれですので、ここからは私の話を。

現在私はExcelでのワードローブリストを管理していますが、途中から「like(好き)」の項目を足しました。

 ↓そもそも手持ちを100着以下にするために始めました

www.icelifestyle.site

 

このことで、好き≒自分適正量の図式が見えました。

さらに今年買った服については購入年と価格も入力しています。

これは自分の服の資産価値(笑)の把握のためでもありますが、コストをかけただけの結果が出ているのかを見たいという自己満足な理由です^_^;

このリストを使って、シーズン終了後に精査します。

そうすると、好きなだけじゃダメなんだ…という事実も判明するので、手放すことに躊躇しなくなると思われます。

いつか着るかもしれないという好きな服を寝かしておくと、旬を過ぎたりサイズが合わなくなったり、はたまた劣化してしまったなどの残念な結果を何度も経験しているので、早めの見切りは心のダメージも最小限になると思うのです。

最近では、細身の青のストライプのシャツの脇の辺りに裂けを発見。

f:id:icelifestyle:20191127164955j:image
f:id:icelifestyle:20191127164953j:image

着ている時にキツくて裂けた自覚はないのですが、何かのテンションがかかってこうなったのでしょう。そういえば最近着ていませんでしたので、気づくのが遅過ぎました>_<

ヘビロテアイテムだったこのストライプシャツ、ここ数年はスーツを着なくなったことで登場回数も激減。

好きなブランドだったので残しておりましたが、これだったら寿命を全うしたとも言えなくはない…かな。

でもこれで、しばらくはストライプ系のシャツ自体は私の今の暮らしには不要ということもわかりました。

これを機会に他のシャツも棚卸しして、数枚処分することができました。

 

初めてユニクロの回収ボックスを利用

ケチなので、処分対象のうち売れそうなものはブランディアさんへまた送る予定ですが、ユニクロはここでは受けてくれませんよね。

メリノウールのニット(レディースSサイズ)は姪っ子が私より大きくなり譲れなくなってしまったので、今回初めてユニクロの店に設置されている回収ボックスに持って行きました。

自宅等で捨てるには胸が痛かったのが、これだと安心して手放せますね。

但し、アパレル企業のリサイクル的なものは、クーポンを渡して新しい服を買ってもらおうという魂胆がありますが(ユニクロもダウンアイテムは時にクーポン発行してますしね)、次回もそのブランドのアイテムを買わないならばこれ自体が不要なものになりがちなので、お住いの地域に即した処分をする方が無駄な出費にならずに済むのかもしれません。

 

ということで、自分の体型変化(大抵は劣化系の話ですが)を前向きに捉えると、効率良くワードローブが整理されるきっかけになるというお話でした。

そう、太るのは悪いことばかりじゃないのです!なんて^_^;