LIVE MY LIFE BE FREE!

心地よい暮らしを目指すアラフィフ。ライフオーガナイザーⓇ 1級取得。

夏に向けて選んだセントジェームスのボーダーは5分袖。

しましま好きが過ぎる

テレワークの時の服装って、皆様どんな感じでしょうか?

私は最近ボーダーTシャツとアニエス・ベーのカーディガンプレッションばかり着ています^_^;
寒いと感じる日はあるのですが、もう薄手でもウールのセーターを着るには厳しい(家で洗えるものは洗って、他はクリーニングに出しました)。

もう少し暖かくなればシャツ・ブラウスへの切り替えとなりますが、今はまだちょっと微妙だなぁと思うのです。

となると、残った選択肢はカットソーということで、自ずとボーダーTシャツ(長袖&7分袖)の出番増になるわけです。

私が今持っているボーダーTは

【セントジェームス】

(長袖5)

紺×白

生成×紺

黒×生成り

黒×白

ベージュ×白

(7分袖2)

白×青

白×黒

(半袖2)

紺×白

白×紺

【アニエス・ベー】

(長袖1)

白×黒

…多いですね^_^;でも昔は他ブランドのモノも所有していたので、クローゼットはずーっとボーダー祭り状態でした(笑)。 

ボーダーTってピッチの幅や色のバリエーションが豊富で誰でもフィットしやすいアイテムに入るかと思いますが、年月を経ると自分の中で違和感(似合わない)を感じやすいアイテムでもあります。

確かに、私も野暮ったく見えたりする時期を通り過ぎましたが、アラフィフの今はもうそういうこともどうでもいい^ ^

やっぱり好きだから、ずっとこの先も着たいアイテムであることに変わりなし!です。

 ↓過去のボーダーTシャツの話を読むと、約1年半で心境の変化と選ぶアイテムの変化が見られますブログはこういうのが自分でもおもしろいです。

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

www.icelifestyle.site

 

今回買ったのは、夏に着るため

そんな仲間が多いアイテムに新入りが。

今回選んだのは、5分袖の厚手のタイプです。

いつも、長袖(ウェッソン)で使われている生地でいい感じの半袖があったら…と思っていたのですが、偶然セントジェームスからのメールで5分袖のドロップショルダーが出たことを知り、ネットでチェック。

無地がメインでしたが、1つだけ定番の生成り×紺のボーダーが。

「これはいける!」と即決し、ポチりました。

今持っている半袖のボーダーはジャストサイズなので、ゆったり着られそうなものが欲しかったのです。
なお、サイズはT1(レディースXS〜Sぐらい)とT3(レディースS〜Mぐらい)がありましたが、大き過ぎるともっさりするかもと思ってT1にしました。

デザインは、ドロップショルダーであることもポイントが高いです。

実際着ると着痩せした感じもあるし(個人の感想)、ボトムスは細身でもややボリュームがあってもバランスが取りやすい丈と思います。

↓画像などは公式HPよりお借りしました

www.shop-st-james.jp

f:id:icelifestyle:20200415200731p:plain

SIZE FINDER●サイズ表(表示 / cm)
フランス表示 INTEL表示 日本の目安のサイズ 着 丈 袖 丈 胸 囲 肩 幅
T1 XS LADIES XS~S 55 24.5 51 49
T3 SM LADIES S~M 58.5 25.5 55 52

私の測定では、T1で

着丈54

袖丈25

胸囲52

肩幅50

f:id:icelifestyle:20200415214825j:image

下の写真で見ても、従来の細身タイプ(生地は薄い、サイズはT0)と比べると、肩や身幅のサイズ感にこれ程の違いが。丈はほぼ一緒ですね

f:id:icelifestyle:20200415214845j:image

参考に、公式サイトには薄手の素材の7分袖(こちらもドロップショルダー)もありました。

↓画像などは公式HPよりお借りしました

#16JCSLOU1

SIZE FINDER●サイズ表(表示 / cm)
フランス表示 INTEL表示 日本の目安のサイズ 着 丈 袖 丈 胸 囲 肩 幅
T1 XS LADIES XS~S 60 25.5 100 61.5
T3 SM LADIES S~M 64.5 26 109 66
T4 M LADIES M~L 69.5 27 110 70.5

 

www.shop-st-james.jp


下の写真は、長袖のウェッソンのサイズT3との比較です。

袖周りや身幅は5分袖の方がゆったりしているのがよくわかります。その分丈は短いのでスッキリ着られそう

 

f:id:icelifestyle:20200415214939j:image

f:id:icelifestyle:20200415214901j:image

これからもしばらく家にいる期間が長引く可能性が高いのであれば、機嫌よく家で過ごしたいし、今まで(通常の生活)以上にON・OFFの切り替えが敢えて必要だな…と痛感しています。

ちょっと前まで「この時世にファッションがどうとかこうとかなんて虚しい?」と感じていましたが、ちょっとだけウキウキする心はあってもいいのかなと。